2015年07月18日

育み。


love


Ashramから受容させていただいた種をまいてから数カ月。

本日、ついに初収穫いたしました!!!

1個ですが (笑)
熟し途中の実は、たくさんついています。(自分でフォロー)

トマトは、「男女性」のキーワードをもっています。





人は誰しも自分の中に「内なる神」を内在しており、「女性性」と「男性性」の部分があります。
男女性双方が協力して、内なる神との関係を築いていきます。

それら具現として、実際の性別の男女、があるのです。

具現の男女の関係がうまくいかない時。
それは、必ず自分の中でも不調和が起こっています。

自分の中の男女性を整えることは、探究の基本のスタンスです。
探究を始めた当初は????でしたが、
dozenのもとで学び続けることで、だんだんと理解してきました。

*dozen/Ren

*dozen/Ryu


気付いたのに動かなかった、

思っていたけれど、段取りをせずに、実現しなかった、とか。

気になっていたけれど、そのままにした、とか。

身体は休みたい、と言っているのに、無理強いをして動いた、とか、

本来は、こういう法則で動くのだけれど、面倒でやらない、とか。


想いと行動がバラバラなのは、不調和です。


一致に向けて男女性に取り組み実践するとき、
自分の中が変わってきます。

同時に、自然と外に対しての体現が違ってくるのです。
自分が変わったのですから!

と言う事は、自然と男女の関係も、変わってきます。

しかし、
感情、というのをもっているので、人に対して反応して本来の体現ができない、と言う事も多々あります。
それは、鍛錬、レッスン、と言うことで、取り組むしかない。。
(自分に言い聞かせ)
自分で自分を「育む」と言う事だと思うのです。
(私たちは、よく「自分で自分を躾する」と言います)

そして育み続けたら、必ず結果が伴ってきます。


数日前。
自分の中で、改めてコミットしたことがあります。

『男女性、向き合います。パートナーシップに向かいます』と。

蓮と龍が見せてくれている聖なるパートナーシップ。


そこに追随したいと思うのです。
至るためのエッセンスは既にふんだんにもたらしてくれています。


けど、聴きながして実践していなかった。
真剣に生きるという事をしようとしていなかった。
それじゃまずい、と改めて目を覚ました訳です。

トマトの実が熟すように。
自分の霊性を育み続けます。

**探究への入り口はこちら***探究樂
posted by aki at 18:13| Comment(0) | 探究。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。