2014年01月16日

ぎんなん。




姉からの荷物の中に、【ぎんなん】が入っていました。

もちろん、殻付き。

どうやって食するのだ????


と、???だらけなので、ネットで殻をむく方法、食べ方など、調べました。


で。
実際にチャレンジしてみたのだけれど‥‥。


なかなかの曲者。

「レンジで簡単に・・」も、上手くいかず。
「レンジよりフライパンで・・・」にも挑戦してみるも。。。。

包丁の背で割るのだ!と意気込みながらも、同時にしり込みも感じつつ・・・
などと
四苦八苦している時に、探究仲間のもっちが、ペンチとハンマーを携えてやってきてくれました。


*もっちblog:http://i-am.seesaa.net/


殻を割り、実を取りだしながら感じたのは、
私は、ぎんなんの事を知らないのだよな、と言う事。

知らないくせに、慎重にならない。
自分の感覚で体感して知っていこうとしない。

どのようにしたら上手にできるのか。
コツをつかむまで、少しずつやってみたらいいものを、
どうせやるなら、、、と、一気にフライパンへ投入・・。

確認作業をすっ飛ばし、行き当たりばったり。

だんだんと経験値に比例して、何がまずかったのか、どういうやり方がふさわしかったのか、、と
わかってきたのだけれど。

エメラルドグリーンの美しい美は、半数ほど・・・。
残りは加熱しすぎて、固くなってしまいました。

知らない物事に対しての取り組み方が、「ぎんなんの皮むき」に集約されているようで。


何とも何とも。

ぎんなんを手元に深い内省の時間を過ごしました。



姉からの荷物、だったけれど、幼いころからぎんなんに触れていたわけでも、
食卓に登場していたわけでもなく。

どんな霊的意味があるのだろうか、と。

ぎんなんを調べてみると。

イチョウの木自体が男女性を意味していました。

-------------------------------------------------------------
イチョウの木は中国原産で、古生代から今日まで生き残っている「生きた化石」と表現されています。
 イチョウの木は落葉高木で雌雄異株、
4月に若葉と同時に花が咲き、花粉が風に乗って雌花につく、
雌花についた花粉は秋に精子を出し、雌花の中で受精する。
--------------------------------------------------------------

また、ぎんなんの栄養価として、

--------------------------------------------------------------
ぎんなんの食用部分は殻の中の胚乳部分で、
脂質、糖質、たんぱく質、ビタミンA・B群、ビタミンC、鉄分、カリウムなどを含みます。
 滋養強壮、強精効果のほか膀胱や肺をあたためる働きがあり、頻尿や夜尿症の改善、
ぜんそくの治療、せき止め、たん切りなどに効果があるといわれています。

 中国では、昔からスタミナ食や薬用としても知られ、
ごま油に漬けたものは強壮食、また、空いりしたものは夜尿の薬としても有名です。
--------------------------------------------------------------


膀胱や肺を温めるとは!驚きです。


ものすごーい探究エッセンスを運んでくれた姉。
実は送ってくれた荷物の中の干し椎茸も、
今の私の深い探究エッセンスとなってくれています。

椎茸に続き、ぎんなんも、深めどころ、満載のようです!


さてさて。

この、ぎんなん。せっかくなので、みんなと分かち愛させていただきたい!


どのように食するのかは、、、。

蓮や龍、皆に相談しつつ、
霊的視点で「典座」を深め中の椿へバトンタッチ☆


*dozen/Ren blog
Lotus Diary〜Ripe Of Source/dozen〜

*dozen/Ryu blog
Spiritual diary of Ryu,their day-to-day with Ren.

*椿blog:http://tsubaki876.blog108.fc2.com/

*ぎんなんも、干しシイタケも。
 とても素晴らしいメッセンジャーです。
 ただのぎんなんで終わらせてしまうのか。
 ぎんなんを通してもたらされた内なる高次元からのメッセージを読み解き、受け取るのか。
 日常生活の中に溢れているメッセージを読み解くコツは、
 探究樂にあります。
 
 探究樂 

posted by aki at 07:32| Comment(0) | 探究。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。