2013年12月09日

これまでの探究を振り返る。 その壱。



LOVE


早いもので、12月です。

これまでの探究を振り返ってみよう、と思いました。
自分の記録のためにも。
少しずつ、綴っていきたいと思います。

今日は、探究を始めた当初。
パニック障害の頃のことを、振り返りました。









むかし。

電車に乗れなくなった時期がありました。

かろうじて1人で乗れたのは、各駅停車する電車。
すぐに降りる事ができるから、です。
しんどさを感じて途中で降りて、しばらく休み。
えいや!っと踏ん張って電車に乗る。
片道30分ほどのところを、1時間半ほどかけて移動したこともあります。
戻ったほうがいいのか、そのまま目的地に進んだほうがいいのか…。
だんだん、戻るほうが距離が遠くなり、どうしよう・・・と1人ホームのベンチで
絶望にくれていたこともあります。

頭がぼぉぅっとしてきて、
動悸がしはじめ。
このまま倒れてしまうんじゃないか??
そんな不安が頭の中にひしめき合って更に自分を苦しめていました。

そのうち、家の中にいても、出かけている家族が事故にあうんじゃないか、とか
猛烈な不安に襲われる日々が続きました。

精神科に行っても、表面的な問診と決まった薬を処方されるだけ。
悶々としながらも、薬に頼る生活を送っていました。


薬があるから、大丈夫。
旦那が側にいてくれるから、大丈夫。

何度も何度も自分に言い聞かせていました。
ところが、この自分を安心させるための言葉は、徐々に、自分を不安に落とし入れる要素になっていきました。

薬を手元に忘れてしまった時。旦那がいない時。
そんな状況になった時には、猛烈な不安と共に、動悸が訪れました。

1人ではない事を感じたくて、夜中のネット徘徊。
人とのメッセージのやり取りは、例え意味が無いものであったとしても、救われる気がしました。


そんな生活からの転換のきっかけとなったのが、
【自分を愛そう】という言葉の出会い。dozenというお2人の存在でした。

これまで聞いた事のないような世界。
blogの記事は、内容の理解が乏しいのにもかかわらず、夢中になって読み進めました。

*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜*〜*〜*
Love Spiritual Peace/dozen
http://dozen.seesaa.net/
*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜*〜*〜*


自分がいかに自分をいじめているのか。
「探究」という自分を愛する事を知れば知るほど、自分の幼さにも世界の小ささにも気付いてきました。

精神科や薬では、埋められなかったものが、Love spiritual peaceの土壌にありました。

心から笑い合う事。取り繕うことなく、想いを伝えあう事。
嫌な事、違う事は、ちゃんと相手に伝える事。「愛」を軸に物事を考える事。

ものすごく基本で大切な事なのに、全然やっていないし、ごまかしながらの人生であった事にも気付いてきました。
自分のこれまでの人生を、自分自身で否定するようで、認めるのは、とても怖い事でした。

否定ではなく、認めたら変えたらいいのだ、というとてもシンプルな事にも時間をかけました。
「頭では、わかっているのに」行動には、なかなかならないものです。

それでも、取り組みの継続をしようと思えたのは、愛に触れた時の心地よさを体感から知ることができたからです。
ほんの些細な事、ちっちゃい事からの実践の積み重ねは、自分に自信を与えてくれました。

あんなに手放せなかった薬を、少しずつ減らしてみる事にチャレンジできる心境の変化。
ただし、しんどい時やパニックになりそうな状況の先へ出かける時などは服用する、と言うような、
自分の状態を観ながら、無茶しない範囲で、です。

そうしながら自分自身で自分を慈しむ事、いたわる事、愛を与える事、自分に浸透させました。
自立を集中的に学んだ時期です。
posted by aki at 08:03| Comment(0) | 探究。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。