2015年05月27日

整える。光を受容する。1



私は体温が低く、免疫力の観点から見ると、とてもよろしくない状態。

35度台後半から36度台前半が続いていました。
身体は、内的な状態を教えてくれています。
つまり免疫力低いと、一例として些細な事でもエゴにのまれやすかったり、その状態を長引かせたり。。。
健全な心地よさとは、程遠い状態です。


先日、エナジーの調整を受容させていただいたときのこと。

エナジーの流れの通りが悪いことを、dozen/Renを通じて高次から教えてもらいました。

調整していただいている最中、特に足を触っていただいている時には、下から頭に向かってエナジーが流れてくる感覚があり、終わった後は、妙に力が抜けた何とも気持ち良い感じでした。


その後・・・
これまで滞っていた老廃物が、一気に出ようとしているかのように、トイレ、トイレ、トイレ。。
1時間に3〜4回の勢いが数時間続きました。
痛み等、全く無かったのが、幸いです。

そして、翌朝。
体温がなんと、36.7度。
とてもベストな体温を示したのです。
身体を触ってみても冷たい所もなく、内側から温かい状態が湧き上がってきている感覚です。

自分の身体が変化している体験は、素直に嬉しかったです。


体質改善は、内的改善と直結です。
日々の取り組みにフォーカスした生活が、改めて始まりました。

体温の高い状態がキープされる中、自分の中の感覚の変化にも気づいてきたのです。

その辺りの話は、次回に。




*調整については、こちらをどうぞ
http://lsp-japan.org/hp/spiritual_healing.html




posted by aki at 22:54| Comment(0) | 探究。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。